光脱毛・レーザー脱毛・ニードル脱毛で永久脱毛はできる?

男性でも脱毛をするのが身だしなみとして当たり前になりつつあり、メンズ脱毛で永久脱毛を考えている人も多くなりました。

・メンズ脱毛で永久脱毛はできるのか

メンズ脱毛の種類として、ニードル脱毛、レーザー脱毛、光脱毛の3種類があります。結論から言うと、この中で永久脱毛が可能になっているのは、美容クリニックでしか施術ができないレーザー脱毛だけです。メンズ脱毛サロンでは、ニードル脱毛や光脱毛が主流になっていますが、レーザー脱毛は取り扱えません。なぜならば、レーザー脱毛は出力が高く、専門的な技術や知識が求められるため、医師でなくては施術できないためです。稀に脱毛サロンや家庭用脱毛機器で永久脱毛を謳っているものがありますが、永久脱毛はできませんので注意が必要です。

だからといって光脱毛やニードル脱毛が全く意味がないのかと言うとそういうわけではありません。毛の質や脱毛サロンが導入している機器などによっても効果の大きさは違ってきますが、施術回数を重ねていくと毛の量が少なくなったり、毛が薄くなって目立たなくしていくことは十分可能なのです。また永久脱毛の場合は医療機関での施術になりますが、健康保険を適用させることはできず、全額負担です。それだけ高額になります。

・永久脱毛をするべきか客観的に考えよう

日本では現在のところ、永久脱毛の基準は作られていませんが、医療先進国のアメリカでは体毛が抜けて1ヶ月後に生えてくる体毛が2割以下であることが定められています。この事から分かるように、レーザー脱毛による永久脱毛は一生毛が生えてこないわけではありません。永久脱毛を考えている人の中には、体毛が濃すぎるまたは毛の量が多すぎることをコンプレックスに感じていて、永久脱毛を考えている人が多いです。しかし永久脱毛をして施術した部位の体毛が全く生えてこなくなることで、新たなコンプレックスを感じてしまったという男性も少なからずいます。ですので、本当に永久脱毛をするべきなのかを客観的に考える必要があります。

光脱毛やニードル脱毛では、施術が完了して一定期間が過ぎると、ある程度の体毛が生えてきますが、施術をする前と比べると毛の量が少なくなっていたり、毛が薄くなって目立たなくなります。ある程度は体毛が残っておいたほうが良いと考えるのであれば、ニードル脱毛や光脱毛の施術をしてくれる脱毛サロンや家庭用脱毛などを利用して脱毛することをおすすめします。