光脱毛やレーザー脱毛、ニードル脱毛は自宅でできるのか

最近は自宅でも脱毛をしたい人が増えたため、家庭用脱毛機器の種類が豊富になりました。以前はほとんどが女性でしたが、男性で購入する人も増えています。

・家庭用脱毛機器の種類

家庭用脱毛機器はいくつかの種類があるのですが、光脱毛と電気脱毛が主流になっています。医療用の脱毛であるレーザー脱毛や毛穴に針を刺して電気を流すニードル脱毛は、家庭用脱毛器では発売されていません。レーザー脱毛やニードル脱毛はどうしても素人の使用は危険ですので、家庭用脱毛器として販売されていないのが実情です。一応レーザー式と呼ばれる脱毛機器もありますが、かなり出力を抑えたものになっています。

家庭用脱毛器の中で大半を占めているのは光脱毛です。フラッシュ脱毛とも呼ばれているのですが、特殊な光を毛穴に照射するため、付属されているゴーグルを装着して使用することがほとんどになっています。照射されている光を直接見た場合、失明の恐れもありますので必ずゴーグルを使わなくてはいけません。また、カートリッジがなくなった場合は購入しなくてはなりません。

・家庭用脱毛器のメリットとデメリット

家庭用脱毛器のメリットは、メンズ脱毛サロンや美容クリニックに行かなくても自宅で自分の都合が良い時間に脱毛をすることが可能な点です。仕事で営業時間に脱毛サロンなどに行けないという人も自宅で脱毛できるのは、大きなメリットと言えます。そしてもう一つのメリットは、脱毛サロンなどと比べると家庭用脱毛器の値段のほうが安い点です。脱毛サロンで部位脱毛をしてもらった場合、施術してもらう部位や施術回数にもよりますが、安くても6万円以上かかることがほとんどです。中には20万円を超えることもありますが、家庭用脱毛器だと3万円前後で購入できます。

逆にデメリットとしては素人でも使えるようになっている分、医療機関やメンズ脱毛サロンで使われている脱毛機器と比べると、効果が現れるのに時間がかかるという点です。出力も低めになっていますから、体毛が無くなるというよりは毛の量を少なくしたい、もしくは毛を薄くしたいという人向けになっています。そして出力が弱いため、毛が元々細かったり薄かったりすると効果を発揮しにくいという点も人によってはデメリットになります。

このように家庭用脱毛器にはメリットとデメリットがあります。比較してみて自分にとってメリットが多いと感じるのであれば家庭用脱毛器、メリットが薄いと感じたら脱毛サロンや美容クリニックで脱毛をしてもらいましょう。