光脱毛とニードル脱毛、レーザー脱毛の痛みはどれくらい?

男性だって痛いのは苦手な人が多いです。脱毛をする場合、どれくらいの痛みを伴うのかについては、脱毛方法によってもかなり違ってきます。

・一番痛みが少ないのは光脱毛

ニードル脱毛やレーザー脱毛と比べると、光脱毛が最も痛みが少ない脱毛方法になっています。医師じゃなくても施術が可能になっているため出力も低めになっており、熱や電気ではなく光を照射してメラニンと反応させて脱毛をするため、痛みが少ない傾向にあります。特に毛が薄い部位を脱毛する場合、それだけ光に反応するメラニンが少なくなりますので、あまり痛くなかったと感じる人が多いです。痛いのが苦手な人でしたら光脱毛をおすすめします。

・レーザー脱毛はどれくらい痛いか

レーザー脱毛はメラニンに反応して熱を発して脱毛をします。そのため光脱毛と比べると痛みは強くなっています。ただし美容クリニックでの施術となりますので、麻酔が使われることが多いです。また、最近のレーザー脱毛機器は進化しており、レーザーを照射しながら肌を冷却できるようになっているものも多くなりました。そのため以前と比べると、レーザー脱毛の痛みはだいぶ軽減されてきています。少しでも痛みが少ないレーザー脱毛をしたいのでしたら、最新機器を導入している美容クリニックを選んでみてください。

ただし、外仕事などで日焼けをしている男性は注意が必要です。日焼けをしているということは、肌にメラニン色素があるということですのでレーザーが反応しやすく、痛みが強くなりやすい傾向があります。レーザー脱毛による痛みを軽減したいのでしたら、日焼けしにくい季節にしましょう。

・ニードル脱毛の痛みについて

ニードル脱毛は毛穴に一つずつ針を刺します。そして電気を流して脱毛をする方法となっていますので、光脱毛やレーザー脱毛よりも痛みが強くなっています。毛穴一つに電流を流したら、また次の毛穴に針をさして電流を流すという脱毛方法になっていますから、痛みが続く状態になっており、成人男性でも途中で脱毛することに挫折する人が多いくらいです。効果もそれだけ高いのですが、痛みが相当強い人向けになっています。

このように、脱毛方法によって痛みの強さは相当違っています。効果はあっても痛みに耐えきれず、途中で諦めてしまってはお金の無駄です。そうならないためにも自分はどれくらいの痛みまでであれば耐えられるのか、痛みに耐えてでも高い効果を得たいのかをよく考えて決めてください。