光脱毛とニードル脱毛、レーザー脱毛と毛質での選び方

光脱毛、ニードル脱毛、レーザー脱毛のどれを選ぶべきか決めかねている場合、自分の毛質を見て選ぶ方法もあります。毛質によって適している脱毛方法は異なっているためです。毛質に適していない方法で脱毛をしたとしても、思ったような効果を得ることができない可能性が高くなってしまいます。

1.毛が濃い人の場合はどれが良いのか

毛が濃くて太い人、または毛が濃い部位を脱毛しようと考えている場合、光脱毛やレーザー脱毛が適しています。部位で言えば脇毛やすね毛、胸毛、ヒゲなどがあります。毛が太いということは基本的にそれだけ毛根も太く、色も濃いです。光脱毛やレーザー脱毛はメラニン色素といわれるものに反応する光やレーザーを照射します。肌の奥まで届いて一番黒い部分である毛根を破壊し、脱毛を促していく方法です。ですので、毛が太いほうが効果を発揮しやすくなっているのです。さらに、このような部位というのは体毛が密集しやすい部位になっているため、一度の照射でも広範囲に対して効率よく脱毛していくことができます。ただし毛が濃くても顔、特に目の周りの毛は脱毛をすることができません。目の周りの肌は薄いですし、もしも誤って目に照射してしまった場合、失明してしまう恐れがあるためです。

2.毛が薄い人の場合はどれが良いのか

逆に毛が薄い人の場合はどの脱毛方法が良いのかというと、ニードル脱毛です。レーザー脱毛や光脱毛はメラニンに反応させて脱毛させる方法だとお伝えしました。逆を言えばメラニンが少ない薄い産毛のような体毛に対しては効果が発揮されにくいのです。例としてあげると、二の腕や頬の周り、太もも、指などの部位です。またメラニンが含まれていない白髪に対しても照射をして脱毛する方法は適していません。出力を高めれば、メラニンに反応させることができるかもしれませんが、それだけ肌に対しても負担がかかってしまいますし、やけどのような状態になりやすくなってしまいます。また目の周り、例えば眉毛などの産毛の脱毛をしていくことも可能です。

ニードル脱毛は毛根に対して高周波や電流を使い、毛の成長を促す発毛細胞を破壊して脱毛させる施術方法です。ですので、メラニン色素が薄い産毛みたいな毛質だとしても関係なく、しっかり脱毛していくことができます。

このように、毛質によって脱毛方法との相性が違います。自分が脱毛したい部位に適した脱毛方法を選ぶことで効果に満足しやすくなります。