光脱毛・ニードル脱毛、レーザー脱毛はどんな肌の状態でもできる?

人によって肌質は異なります。乾燥肌や敏感肌、アトピー肌などがありますが、肌の状態次第では脱毛を断られてしまうこともあります。どんな状態だと断られることがあるのかというと、以下のとおりです。

1.肌が乾燥しすぎている

肌というのは保水力があるのですが、この保水力が下がってしまっている状態が乾燥肌と言われる肌質です。ある程度の乾燥肌であれば光脱毛やニードル脱毛、レーザー脱毛でもしてもらうことはできます。しかし過度な乾燥肌になっていると、バリア機能が著しく低下してしまっている状態です。そのためレーザー脱毛による熱やニードル脱毛での電気を使った脱毛が強い刺激になってしまい、肌に炎症が発生したり火傷になったりするリスクが高まってしまいます。そうならないためにも普段から保湿ケアは大切です。

2.肌荒れやニキビができている

肌荒れやニキビができてしまっている状態も脱毛を断られてしまうケースは少なくありません。肌荒れやニキビは肌に炎症が起きている状態です。レーザー脱毛などをすると肌に負担がかかりすぎてしまうため、施術をすることができないのです。ですので、肌荒れやニキビが発生しないようにしっかりと対策をしておきましょう。脱毛期間中でもニキビなどができているとその箇所の脱毛をしてもらえないこともありますので、肌のお手入れはこまめにしておきましょう。

3.アトピー肌の人は脱毛できるのか

アトピー肌の状態というのは、特に肌が敏感であり慎重に判断する必要があります。どの脱毛方法で脱毛をするのかを決める前に、必ずかかりつけの皮膚科の医師に脱毛をしても大丈夫なのか確認を取るようにしてください。ステロイドの薬を服用、または塗っているという場合は特に注意が必要です。光脱毛やニードル脱毛、レーザー脱毛のいずれの場合もステロイドの使用を中断する必要があります。自己判断で中断した場合、体毛が増えたりするなどの副作用が出てしまうこともあるのです。

さらにステロイドを使用している場合、ステロイドは光を吸収してしまう働きがあり、レーザー脱毛や光脱毛の光の刺激がさらに強まる可能性があります。ですので医師と相談をして、どのタイミングで脱毛をするべきなのか見計らうようにしましょう。

いずれの肌の状態も自分で判断をすることは難しいです。必ずカウンセリング時に肌の状態を確認してもらうようにして、かかりつけの医師の判断に従って脱毛をするようにしてください。