光脱毛やレーザー脱毛、ニードル脱毛は肌が黒くても施術できるのか

夏場に現場仕事や海で遊ぶなどして、肌が日焼けをして黒くなっている男性は多いです。また、日焼けではなく元々黒っぽい肌の人もいます。肌の色が黒い場合でも脱毛をすることはできるのかをお話しします。

・脱毛時の痛みが強くなることがある

肌が黒くなっている状態だとしても脱毛をしてもらうことはできます。ただ、肌が黒いのは紫外線から肌を守るために作られるメラニン色素が原因です。レーザー脱毛や光脱毛は黒いものに反応して熱を与え、毛の根元にある毛包や毛根を破壊して徐々に毛を薄くしたり生えなくしていくものです。ですので肌が黒いのであれば、レーザー脱毛や光脱毛による光が体毛だけに反応をするのではなく、肌の表面の色にも反応してしまうことがあります。その結果、普通よりも痛みが強くなってしまうこともあるのです。痛みが強くなるだけではなく、やけどや水ぶくれなどといった症状が出てしまう恐れもあるので、日焼けしている時期の脱毛は避けることをおすすめします。

・日焼けで一時的に肌が黒い場合

強い紫外線によって日焼けをしているのであれば、数ヶ月もすれば肌の新陳代謝によってメラニン色素で黒くなっていた肌細胞は排出され、肌が通常の色に戻ります。ですから、肌の色がもとに戻ったタイミングで脱毛をするようにしましょう。特に紫外線が弱い季節である秋から冬にかけてがおすすめです。ただし、同じ時期に脱毛サロンや医療クリニックで脱毛をしようと考える人は多いので、予約は早めに入れておきましょう。

・元々肌の色が黒い場合

遺伝によって肌の色が元々黒っぽくなっている人もいます。日焼けであれば時間が経過すれば解決しますが、元々黒っぽい肌の人の場合は、それだけレーザー脱毛や光脱毛だと痛みが強くなりやすい傾向にあります。このような場合は、ニードル脱毛を検討してみることをおすすめします。ニードル脱毛はメラニンに反応するわけではなく、毛根に直接電気を流す脱毛方法になっています。そのため肌の色に関係なく脱毛をしていくことが可能なのです。また、夏にどうしても脱毛をしたいと考えている場合もニードル脱毛を検討してみてください。

日焼けなどをしていると断られてしまうこともありますし、リスクを伴うこともあります。特に外回りや現場で働いているのであれば、紫外線が強くない季節でも日焼けをしてしまうことがありますので、季節に関係なく普段から紫外線対策をしておくことも大切です。