光脱毛やニードル脱毛・レーザー脱毛後にするべき肌のケアについて

脱毛後というのは、肌はとても敏感な状態になっています。光脱毛やニードル脱毛、レーザー脱毛でも共通して脱毛後にするべきケアがあることをご存知でしょうか。

・保水保湿ケアをしっかりしよう

レーザー脱毛や光脱毛、ニードル脱毛共通で言えるのは、肌に負担をかけてしまっている状態ということです。特にレーザー脱毛などの場合、肌が軽いやけど状態になっていて肌のバリア機能が低下しています。ですので一日に数回は保湿クリームや乳液、美容液などを使って肌の保護をしていくことが大切です。

特にお風呂上がりというのは、肌の水分が蒸発しやすい状態になっていますので、お風呂から上がったらすぐに保湿ケアをすることを日課にしてください。レーザー脱毛の場合、医療機関ですので炎症を起こさないようするための塗り薬を処方してもらえることもあります。薬が処方されたのであれば、指示を守って肌に塗るようにしましょう。そうすれば肌のダメージを回復させるのが早まります。

・紫外線防止クリームを塗る

紫外線防止クリームを塗って弱っている肌を紫外線から守ることも大切です。脱毛後数日くらいは肌が火傷に近い状態になっていますから、紫外線のような強い刺激を受けないように紫外線防止クリームだけではなく、長袖の服を着たり、マスクを着用したりするなどをして、肌の露出を抑えることも大切です。

・肌を冷やす

人によっては脱毛をして数日くらいは肌に熱を帯びているような感じがすることもあります。ですので、氷などを使って肌を冷やそうと考える人もいます。しかし、氷もしくは保冷剤を使って長時間冷やすということはしないようにしてください。冷やすのであれば適度に冷たくなった水でサッと流すか、濡れタオルを使って短時間だけ冷やしましょう。どうして長時間冷やしてはいけないのかというと、肌を回復させるだけではなく、毛根まで回復しやすくなるため、脱毛効果を下げてしまう恐れがあるのです。

・ケアを怠ったらどうなる

ここで紹介したケアを怠った場合、肌への負担が重くなるだけではなく、肌にダメージを与えた状態が長時間続いてしまうことになります。そのためシミの原因になってしまったり、肌がハリを失ってたれてしまったりする原因になることもあります。また肌内部の水分がなくなることで、シワの原因になる可能性もあるのです。脱毛をせっかくしたのに新たなコンプレックスや悩みが発生してしまっては元も子もありません。ですので、面倒でも普段から保湿ケアをすることは怠らないようにしてください。