光脱毛・レーザー脱毛やニードル脱毛後にしてはいけないこと

どんな方法で脱毛をしてもらったとしても、脱毛後に必ず守るべきしてはいけないことがあります。光脱毛やニードル脱毛、レーザー脱毛でも共通して言える注意点ですので、絶対に覚えておいてください。

・運動

少なくとも脱毛をした当日は運動をしないでください。運動をすると血流が良くなりますが、血流が良くなると炎症になりやすくなります。ヒリヒリした痛みが起き、炎症がさらに悪化してしまう可能性があるのです。さらに運動をすると汗をかきますが、汗が毛穴の中の雑菌を繁殖させてしまう原因になることもあります。

人によって経過は違ってきますので、できることなら3日間は運動を控えるようにしたほうが安心です。そしてこまめに汗は拭き取るようにしてください。汗をかかないようにするために制汗剤を使っている人もいます。しかし制汗剤は脱毛効果を抑制してしまうことがありますので、使用は控えたほうがいいでしょう。

・入浴は控える

少なくとも脱毛をした当日は入浴は控えるようにしてください。入浴を控える理由も運動をしない理由と同じく、血流が良くなることで炎症が悪化してしまいやすくなるためです。特にレーザー脱毛の場合は、肌の奥に熱がこもっている状態になりやすいので、肌が真っ赤になってしまう恐れがあります。

また、数日間はお風呂ではなくぬるま湯のお湯で流すことをおすすめします。そして汗をかいた時にも言えることですが、体をタオルで拭く時には軽く叩くようにしてお湯や汗を拭き取るようにしましょう。普段からこするように拭いている人は多いですが、こするように拭くと摩擦が生じます。肌に負担をかけるだけでなく、痛みが強くなりやすくなるので絶対にしないでください。

・脱毛や除毛をしない

普段から毛抜きや除毛クリームなどを使って、体毛のお手入れをしている人もいます。しかし脱毛をしたら当分の間は脱毛や除毛はしないようにしてください。毛を抜く行為や除毛剤に含まれている成分が肌を刺激してしまい、痛みやかゆみなどの症状が強くなってしまう恐れがあります。脱毛による痛みはなくなってもまだ肌が回復しているわけではないので、最低でも3日間は控えましょう。

脱毛処理は脱毛後の注意点をしっかり守らないと、脱毛効果が薄れてしまったり、肌の状態が悪くなって痛くなってしまったりして見栄えが悪くなってしまうこともあります。ですので、面倒でもここで紹介したことは守るようにしてください。